:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 02:56:20.43 ID:MFK9bJuG0

小鳥「ええ、実は暇を作ってはちょこちょこ開発してました」

P「また胡散臭い変なものを…」

小鳥「う、胡散臭くなんかないです!このスイッチを対象の人物に向けてカチッと押すだけで…ぐひひ」

P「じゃあ試しに小鳥さんで…」カチ

小鳥「ピヨっ…!ん…んくぅぅぅっ…!」ビクンビクン

P「…」


:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 02:56:20.43 ID:MFK9bJuG0

:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 03:06:52.14 ID:MFK9bJuG0

P(カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ)

小鳥「イクー」プッシャー

終わり


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 03:09:14.64 ID:7hVYhOs00

>>7

クソワロタ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 03:59:01.18 ID:xEXu0cir0

P「小鳥さんは漏らしながら絶頂したようでぐったりしている……でもただの偶然かもしれないから、他のアイドルでも試そう」

春香「おはようございまーす」

P「ああ、おはよう春香。実はかくかくしかじか」

春香「ええ、小鳥さんが何故か震えながら突然倒れた!? きゅきゅきゅ、救急車をー!」

P「いや、意識が途切れる寸前大丈夫だからと言い残して」

春香「いやどう考えても危ないですって! すぐにお医者さんに見てもらわないと」

P「まぁ落ち着け」カチ

春香「!? く、ふぅ……ん」

P「春香? 急にしゃがみこんでどうした?」カチ

春香「な、んでも、な、は、はぁ、はあ!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:03:47.08 ID:xEXu0cir0

P「気持ち悪いのか? 背中さするぞ」

春香「あ、ありがとうございます……」

P「小鳥さんに続いて春香まで……一体どうしたんだ?」

春香「いえ、なんか急に」

P「急に?」

春香「急に、その、いえ……ただの立ちくらみです」

P「落ち着いたか? ソファまで歩けるか?」

春香「大丈夫です、それより小鳥さんんんぁお!?」

P「春香!? どこが大丈夫なんだ、フラフラじゃないか」カチカチカチ

春香「い、あぁ! あ、だめ、だ……〜〜っ!」ブルッブルブル


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:17:45.94 ID:xEXu0cir0

P「春香? やっぱり救急車を」カチ

春香「呼ばな、あ、あ、あ!?」ビクッ

P「え? 何?」

春香「はぁー、はぁー、呼ばない、はぁー、呼ばないで、ください……」フルフル

P「でも汗ビッショリだし、顔も真っ赤だし……」

春香「え、顔、えっと、ちょっと暑くて! はぁー、もう大丈夫ですから」

P「そうか? ならいいんだけど」カチカチ

春香「はい、大丈夫で、ぁ! んん、ウソ、だめ、だめぇ……!」ポタッポタ

P「なにが駄目なんだ春香? やっぱり体調悪いのか?」カチ

春香「んぅ、あ、あぁ……!」ポタッパタパタタタタタ……ョロロロロロロロ

P「うわあ」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:28:13.14 ID:xEXu0cir0

春香「やぁ、やだもぉ……ひん、ぐす、けほっけほ、なんでっ、なんでぇ!」ピチョ……ピチョン……

P「春香、なんていうかその」

春香「見ないで、下さい、あっち行って……!」

P「大丈夫だ春香、こんなことくらいで嫌わないから。深呼吸して落ち着こう、な?」ギュッ

春香「う、ふぇ、ぷろでゅーさぁ……ぇぐ、うえぇ……!」ポロポロ

P「大丈夫、大丈夫」ナデナデ

春香「わたし、違うんです! 体、勝手に、止めだぐでも」

P「そうか、辛かったなぁ」ナデナデ

春香「ん、う、ぅええぇぇ……!」ポロポロ

P「いい子、いい子」カチカチカチカチカチカチカチカチカチ

春香「や、ま……〜〜〜〜〜〜っ!!」ビクビク!!ビクンビククン!!

P「白目てお前」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:37:57.34 ID:xEXu0cir0

P「二人とも気絶してしまったが放置するわけにもいかないよな」

P「小鳥さーん、おしっこで濡れたスカートもショーツもニーハイも脱がしますよー」

P「ウィンウィンウィン、ウィンウィンウィンウィン」サスサスサス

P「……アンモニア臭きついっすわ」

P「拭いてー、タオルで隠してー、よし」

P「次は……日曜恥部の珍発見、天海っすかヴァージン!」

P「全然上手くないよ死にたい」

P「うわこの子クマさんパンツ穿いてはるわ、アイドルがこれはあかんのちゃう?」

P「脱がして拭くよー、案外濃い陰毛もしっかり拭くよー」

P「二人とも応接室に寝かせればいいか」

P「後は床を舐めて掃除すれば証拠隠滅完了、どのアイドルが来てもばっちり楽しめる」

P「よし、これでオッケー。さあ次は誰が来るかなー?」

ガチャ

社長「おはよう、今日もしっかりプロデュースしてくれたまえ!」
http://u111u.info/jT66

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:40:47.20 ID:btNM86/t0

>>34

アーーーーーーッ!!!!


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:41:43.33 ID:xEXu0cir0

P「あ」カチ

社長「え」ドピュッ!!

P「……」

社長「……」ビュッ……ビュル……

P「……」

社長「……」

P「あの」

社長「では、私は急用が出来たのでこれで。くれぐれも頼むよ、君」ガチャバタン

P「……いってしまわれた」

P「……」

P「二重の意味で……」

おわり


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 04:41:46.44 ID:7Dr1EfDJO

濃厚なホモスレ





48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 06:48:03.47 ID:BDOfcQWm0

貴音「おはようございます」

P「おぉ、貴音。おはよう(貴音のイキ顏とかきになるわぁ)」

貴音「あなた様、おはようございます。今日は小鳥嬢や春香はいないのですか?」

P「えっ?…いや!あの…春香と音無さんはちょっと買い物に行ったみたいだぞ、あ、あはははは!」

貴音「…?はぁ…いないのならば別に宜しいのですが…」

P「たっ、貴音は今日お昼過ぎから撮影だろ!?少し来るの早いんじゃないか…?」

貴音「今日は春香とともに響から編み物とやらを教えてもらうため早くきたのです。…ですがまだ響は来ていないようですし、春香も買い物に行ってしまったのならば、わたくしは少しそふぁに座って待っていることにします」

P「そうか、なら待っててくれ。今温かいお茶、淹れるからな」

貴音「お心遣いありがとうございます。あなた様」

P「おぅ、座って待っててくれ(ふひひ、思う存分イキ顏を拝ませてもらうぜよ…)」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 06:58:48.81 ID:BDOfcQWm0

P「ほい、貴音。お茶どうぞ」コト

貴音「ありがとうございます、あなた様。」

P「……」とすん

貴音「…?なぜわたくしの隣に座るのです?あなた様」

P「いやぁ、最近貴音とちゃんと話してないなぁと思ってさぁ。最近調子はどうなんだ?(まずば弱目でイッてみるか…)」

貴音「はぁ…調子…ですか?特に変わりなくやっておりますよ?」

P「そうかぁ…ならいいんだよ、うん」カチッ

貴音「んひっ!…??い、今の感覚は…?」

P「ん…?どぉしたぁ?貴音ぇ」カチカチッ

貴音「ッあぅぅ!…あっあなた様、なんだかわたくし体が…へ、変に…」

P「へえ?調子悪いのか?貴音」カチカチリ

貴音「いっ、いえ!あなた様に心配をかけるほどの不調では…ありまんんっ…ありません…」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:12:34.75 ID:RpF05RNK0

そんなことよりぷちたちと戯れようぜ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:12:53.19 ID:BDOfcQWm0

P「おいおい、貴音は大事なアイドルなんだから。調子悪いならちゃんと言うんだぞぉ?(ふふひ、強めにしていくか…)」カッチポッチ

貴音「あ、あなた様ぁ、あり…ぁぁッ!…あり、ありがとうございますぅ…っ!」

P「(貴音のヨガリ顏マジ淫乱王女)いやいや、礼を言われるコトじゃないさ。それより調子悪いならお手洗いいくなり横になるなりした方が良いんじゃないか?なぁ?」ぽちぽち

貴音「あっ…あっあっ…でっでは、お手洗いに…んぁぁっ!…行かせて…いただきます…んっ!」

P「あぁ、立てるか?貴音」ポチ

貴音「だ、大丈夫です、あなた様…1人でいっ、行けます」

P「そうかぁ…じゃあ気をつけてな…」

貴音「は、はい…あな…あなた様」フラフラ

P(フヒ)ポチポチポチポチポチポチ

貴音「あっ…!あぁッ!!っ〜〜!!」ビクビクッ

P「おおっと!!」がしっ
http://u111u.info/jT66

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:28:11.93 ID:BDOfcQWm0

P「どうしたんだぁ?貴音…本当に調子悪いみたいじゃないか…ほら、俺の肩に手を置いて体を支えるんだ」

貴音「ぁぁあなた様ぁ!わたくし…も、もらし…て」ガクガク

P「ん?良く聞こえないぞ?どうしてそんなに腰を引いてるんだ?それにガクガクと腰ふっちゃって…」ポチポチリ

貴音「ち、違うのです!あなた様、これはぁ…あうぅ…!」カクカク

P「ほら、もっとちゃんと肩に手を置いて、俺の目を見る様にするんだ」ポチポチ

貴音「あ、あなた様…わたくし…もうっ…でっ…でてしまいますっ…ぁあっ…」ビクッ!

P「何が出ちゃいそうなんだ?ちゃんと目をみて言いなさい。あぁ、そんなに涎たらして…凄いエロ顏だなぁ、貴音は」

貴音「ち、小さい…ほうです…!!んっ…」

P「小さいほうじゃあ分からないだろう?何が出ちゃいそうなんだ?イッてごらん…?」

貴音「ぉ…おぉ……っ!おしっこです!あなた様ぁ!おしっこが漏れてしまいそうです……んんっ!!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:33:39.78 ID:YZFKS7RK0

>>25

それはどうかわからんけど
こんなエロ漫画あったな

爆乳のピザ屋の宅配してくれる店員に中身が入れ替わる
簡単に言うとトリップしてやりまくれるっていう


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:43:26.27 ID:BDOfcQWm0

P「おしっこ…?貴音は事務所でいきなりおしっこをもらしちゃう様な女の子なのか?ん?しかも男の前でさ」ぽちぽち

貴音「そっ!その様なはしたない女では…あああっ!…あっ、ありま…せん…」

P「でもほら、こんなにお尻ふって。おしっこしたいですーって言ってるみたいだぞ?」ツツー

貴音「ぅあっ!…あ、あなた様ぁっ!…お…おしり…さわらないで…くださいませ…ぅぅっ…」

P「触って欲しそうにフリフリふってるくせに…じゃあお尻じゃなくて、下腹を触ってあげよう」グイグイ

貴音「あああっ!あなた様ぁ!下腹部を押されてはっっ……もう、本当に…げ、限界です…っ」

P「貴音……漏らすのか?(そろそろクライマックスか)」

貴音「も、もう出て…イッて…しま……ぁぁぁ…」

P「……」カチカチカチカチカチカチ

貴音「っ〜〜!!あなたさまぁ!見ないでっ…見ないでくださいっ!…あっ!…あああああ!」プシッ!ショワワワワ…


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:53:40.78 ID:BDOfcQWm0





P「ふぅ…貴音まで気を失っちゃったか…最後の方は単なるおしっこ我慢だったな…」

P「しかし……貴音のロングスカートは洗濯が大変そうだ……響が来る前に終わらせないと…」


響「はいさーい!」がちゃ!

P「!」

響「お、プロデューサー!貴音と春香は来てるかー?ってあれ?プロデューサーの持ってるスカート…それもしかして…貴音の…か?」

P「!!」

響「どっ!どうしてプロデューサーが貴音のスカート持ってるんだ!?しかもなんかびちゃびちゃだぞ!!?」

P(こっ!こうなったら!!)カチカチカチカチカチカチカチカチ!!

ウガ〜〜〜〜!!!!

こうしてプロデューサーは手を汚していくのだった…

おわれ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 07:56:13.46 ID:BDOfcQWm0

俺ドMなのに…いや、ドMだからこそか
そういやiPod touchだと半角カタカナうてないのかね?
擬音が変な感じになる…


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 08:09:28.84 ID:OLL1dc0r0

おつん


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/22(月) 08:09:28.84 ID:OLL1dc0r0

引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350842180/