:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:05:59.46 ID:7ldCzblR0

L「これを加えるとこうなります。『えるしっているかりんごしかたべない死神は手が赤い』」

月(……フェイクだ。この4枚目は僕が犯罪者に書かせたものではない……それにこの文章は明らかにおかしい)

月(僕の反応を探っているのだろうが、キラの質を落とすような間違いを無視するのも癪に障るな)

月(さりげなく指摘してみるか……)

月「流河。この4枚目は、本当にキラの手によるものなのか?」

L「……どういうことですか?」

月「これまでのキラの同行から考える限り、彼はそうとう頭が切れる。そんな彼が、こんな間違いを犯すとは思えない」

L「間違い……? この写真に何か気になる点がありましたか?」

月「ああ。プリントナンバーで並べて繋げたものが本当にキラの意図したメッセージなのだとしたら……」

月「『林檎しか食べない死神は手が赤くなる』ということをLに伝えようとしている、ということになる」

L「そうなりますね」

月「おかしいじゃないか」

L「……何がですか?」

月「いくら林檎しか食べないといっても、手は赤くならないだろう」

L「…………」


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:05:59.46 ID:7ldCzblR0

人気の記事



    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:09:55.90 ID:05Y+ITpQ0

    でもみかん食べると手黄色くなるじゃん!


    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:11:13.39 ID:7ldCzblR0

    月「たしかに林檎は赤い。だけど皮の色が掌に移るなんてことは有り得ない。これは実際に触れてみれば分かる」

    月「みかんの食べ過ぎで掌が黄色くなる話はよく聞く。あれはみかんの色素であるカロテノイドが原因だ」

    月「柑皮症って言ったかな。色素が体内に溜まって起きる現象で、ニンジンなんかでも起こるらしい」

    月「林檎にもカロテノイドは含まれているが、微量だし、食べ過ぎて掌が赤くなったなんて話は聞いたことがない」

    月「つまり、いくら死神が林檎しか食べないからといっても、掌が赤くなることはないんだ」

    L「…………はい。それで?」

    月「………………」

    月(なんだこいつ……本当に馬鹿なのか?)

    月「今説明したんだけど、わからなかったかな」

    L「えっと、おかしい点というのは、つまり」

    月「林檎をいくら食べても掌は赤く染まらないのに、死神の手が赤いと言い切るのは明らかな間違いだってことさ」

    L「はぁ……なるほど」

    L(どういうことだ……夜神月……単にズレた感覚の持ち主なのか……?)

    月(林檎の食べ過ぎで手が赤くなるなんて小学生並みの発想だ……こんなやつがキラ捜査に関わっているなんて)

    月(日本警察はキラ事件を軽視しているのか……? 喜ぶべきか、憤るべきか……)


    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:11:55.43 ID:XklML4cs0

    なにが言いたいんだってばよ


    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:17:08.59 ID:7ldCzblR0

    L「林檎の食べ過ぎで掌が赤くはならないことは分かりました。でも、もっと変ところがあると思いませんか?」

    月「他に…………? いや、気づかなかったな」

    L「そもそも、死神という存在に言及していること自体が、あり得ないと思います」

    月「……!?」

    L「夜神くんは、その点についてはおかしいと思わなかったんですか? もしかして死神の存在を信じているとか……?」

    月(こいつ……、もしかして……! そうか、なるほどな……4枚目のフェイクは死神の存在の有無を確かめるため……!)

    月(死神の存在に感づいている……? まさか、だとしたらノートの存在にも辿りつきかねない……)

    L「……夜神くん?」

    月(落ち着け……たとえそうだとしても、僕が死神の存在を知っていることを否定すればいいだけの話だ)

    月「ハハハ。そんなわけないだろう。おかしいとは思ったよ。有り得ない、死神なんて。絶対にね」

    月「だからあえて言及しなかっただけさ。死神ってのは、何かの比喩じゃないかな。あるいは、警察をからかっているだけとか」

    L「…………はい。私もそう思います。だからこそ、問題視しませんでした」

    L「明らかに挑発ですから。お遊びのつもりでしょう。正直、メッセージの内容はどうでもいい」

    L「でも、夜神くんは『手が赤い』という点に対して異様なこだわりがあったようなので、少し……気になりました」

    月(…………こいつ)


    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:23:42.88 ID:7ldCzblR0

    L「正直に言ってください。絶対に笑いませんから。実は死神の存在を信じてたりしません?」

    月「ハハ、冗談きついな。何度も言わせないでくれ、死神の存在を信じるなんて有り得ないだろう」

    L「有り得ないってことは…………信じている人もたくさんいると思いますけど」

    月「そりゃいるだろうけど、僕は違う。実際に目で見たものしか信じない主義だから」

    L「そうですか……。それで、夜神くんの見解は私と同じで『いたずら』ということでいいですか?」

    月「ん……このメッセージのことなら、まあ、そうだろうね」

    月(実際、これに深い意味など無い……でもこのままこいつの意見に同意するのもつまらないな)

    月「ただ、まったく無意味ってこともないと思うよ」

    L「このメッセージには意味があると?」

    月「キラにまつわる一連の事件は典型的な劇場型犯罪だ。ここまで事が大きくなると、犯人も舞い上がる」

    月「そういう奴は自分の優位性を示すために、警察へ向けて何かしらヒントを残すことが多いんだ」

    L「過去に例はありますね。そして、そのヒントがきっかけで捜査が進展することがある」

    月「無意味と決めつけて切り捨てるのは、早計だと言わざるを得ないだろう?」

    L「たしかにそうですね。もう少し、このメッセージの意味を考えてみます」


    10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:29:51.99 ID:7ldCzblR0

    L「ですが……やはり何の糸口も無いと、どうにも」

    L「夜神くん。何か思いつくことはありませんか? このメッセージに隠された意味について」

    月「うーんどうだろうなぁ」

    月(フフフ、馬鹿なやつだ。そうやって無意味な課題に向き合って頭を捻っていればいい)

    月「隠されたメッセージねぇ……うーん」

    月(テキトーにあしらって、もっと混乱させてやるか……)

    月「やっぱり色が重要なんじゃないかな。掌が赤くなるという非現実的なことをあえて書いているわけだし」

    L「なるほど。赤……赤ですか……」

    月「赤ばかりに注目するのも視野が狭まって良くないな。他の色にも注目しないと」

    L「赤以外ですか?」

    月「黒も重要だろう。黒い掌が赤になる……この変化に深い意味があると思う」

    L「黒から赤…………?」

    月(悩んでいるな……フフフ)

    L「あの、ちょっと質問があるんですけど」

    月「なに?」


    12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:35:43.72 ID:7ldCzblR0

    L「一般的に知られている死神って、どういう姿をしていると思いますか?」

    月「死神の姿……? そうだな……骨がローブを羽織って、鎌を持ってる……みたいな」

    月「我ながらありきたりだけど、ハハハ。それで、それがどうかしたの?」

    L「いえ……ちょっと変だなと思っただけです……」

    月「変? 何が? 僕の死神のイメージっておかしいかな」

    L「普通だと思います。死神と言えば、やっぱり骨ですよね」

    月「だろう?」

    L「はい。真っ白い骨です。きっと、掌も白いはずなのですが……」

    月「…………!」

    L「夜神くんは死神の掌が黒から赤へ変化すると言いました。今話してくれたイメージと矛盾しますね」

    月「……」
    http://u111u.info/jT66

    13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:41:35.64 ID:7ldCzblR0

    L「夜神くんは『実際に目で見たものしか信じない主義』なんですよね」

    L「もしかして、掌が黒い死神を見たことがあるんですか?」

    月「……」

    L「……夜神くん?」

    月(こいつは危険だ……今ここで殺すしかない……)

    月「なあ流河。こうして知りあえたんだから、連絡先を交換しないか?」

    L「え? あ、はい。いいですよ」

    月「じゃあ、このメモに名前と連絡先を書いてくれ。あ、フルネームでね」

    月「僕は電話帳にフルネームで登録しないと気が済まないたちなんだ」

    L「そうですか」

    月(……そのメモはデスノートのページを破いて持ってきた一枚だ……!)

    月(殺す相手に自ら名前を書かせる……フフフ、こういう馬鹿相手なら楽にできる)


    15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:47:06.49 ID:7ldCzblR0

    L「それじゃあ、夜神くんの連絡先はこれに書いてください」

    月「ああ」

    カキカキ

    月(書いてる書いてる。『流河旱樹』……へぇ、あの有名人と本当に同じ名前なんだな)

    月「はい、書いたよ」

    L「こちらも書きました。どうぞ」

    月「ああ」

    月(あと30秒ってところか?)

    L「月と書いてライトですか……面白いですね」

    月「そう?」

    チラチラッ

    月(あと10秒……!)

    L「あの、さっきからやけに時計を気にしてますね」

    月「ん? まあね……もう残り時間が少ないからネタばらしをするけど……僕がキラなんだ」

    L「……えっ、そうなんですか?」


    16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/11/22(日) 23:47:06.49 ID:7ldCzblR0

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1448201159/