:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:27:13.45 ID:MvB4YFGA0

― アパート ―

男「あーあ、金が欲しい……」

男(あのゲームが欲しい、あのフィギュアも欲しい、金がいくらあっても足りない)

男(実家に仕送り頼むって手もあるけど、こないだ送ってもらったばっかだしなぁ)

男(ただでさえ『お前、送った金をホントに就活に使ってるのか』って怪しまれ始めてるし)

男(といって、働くなんてのは絶対ゴメンだし……このまま一人暮らしニートを満喫したい)

男「――となりゃ、生活保護しかないか!」ニヤッ


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:31:59.33 ID:MvB4YFGA0

男(あまり詳しくねーけど、たしか生活保護って月に10万円とかもらえるんだよな)

男(まだ残ってる実家からの仕送りと合わせれば、それなりの贅沢もできる!)

男(働かずに10万ゲットとか、うひょ〜! ナマポ最高!)

男「そうと決まれば、さっそく役所に電話だ!」ピッポッパッ


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:35:06.78 ID:MvB4YFGA0

男「――あ、もしもし、市役所ですか?」

男「実はですねえ、生活保護の申請をしたいんですが」

男「え、オッケーですか! 保護してもらえるんですか! ありがとうございます!」

男「じゃあさっそく保護して下さい! よろしくお願いします!」

男(おいおい、チョロイもんだな。こんなあっさりと申請が通るなんて)

男(じゃあ後は、金が振り込まれるのをゆっくり待つとしますか……)ゴロン…


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:38:21.96 ID:MvB4YFGA0

ピンポーン!





男「!」

男(ちっ、せっかく眠りかけてたってのに……誰だよまったく)ムクッ

男「はい――」ガチャッ


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:40:17.20 ID:MvB4YFGA0

生活保護「ワシは生活保護だ」







男「!?」


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:44:36.26 ID:MvB4YFGA0

バタンッ!

男(な、なに!? 誰だよ、今のやたら強そうなおっさんは!?)

男(とにかくドアは閉めたし、もう入ってこれないはず――)

メキメキ…

男(ゲ!? カギかけたドアを無理矢理こじ開けて入ろうとしてやがる!)

メキメキメキ…



ドゴォンッ!!!



男(ドアが……壊れた……!)

生活保護「貴様の生活を保護してやろう」


11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:48:13.13 ID:MvB4YFGA0

男「ほ、保護って……」

生活保護「…………」ズンズン

男「おい、勝手に入るんじゃねーよ! 不法侵入だぞ!」

生活保護「む、なんだこれは? 人形か?」ガシッ

男「フィギュアだよ! 汚い手でさわってんじゃ――」

生活保護「滅ッ!」ボウッ

男「ああああああ!? フィギュアが消えたああああああ!?」

生活保護「金も無いのにこんなものを集めているから、ワシに頼るハメになるのだ」


12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:51:21.03 ID:MvB4YFGA0

生活保護「これは……マンガ本だな?」

生活保護「滅ッ!」ボウッ

男「いやぁぁぁ! また消えたぁぁぁぁぁっ!」

生活保護「こっちはピコピコだな?」

男「や、やめて……せめてゲーム機って呼んであげて……」

生活保護「滅ッ!」ボウッ

男「やっぱり消えたぁぁぁぁぁ!」
http://u111u.info/jT66

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 21:55:01.36 ID:MvB4YFGA0

男「あ……あう、あ……」

男(親のスネをかじり、汗一つ流すことなく購入した、俺の生きがいたちが……)

男(たった三回の『滅ッ!』で跡形もなく消えてしまった……)

男「おいっ!!!」

生活保護「なんだ」

男「お前、生活保護なんだろ!? これじゃ保護どころか破壊してるじゃねえか!」

生活保護「真の保護とは、破壊から始まるものなのだ」


21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:05:44.71 ID:MvB4YFGA0

男「ハァ、ハァ、ハァ……」

生活保護「ふむ、まだまだ汚いが、とりあえずはこんなところでよかろう」

生活保護「しかし、これしきで息切れとは……どうやら貴様には体力が足らんようだ」

男「そりゃま……バリバリのインドア派ですし……」

生活保護「インドアといえば聞こえはよいが、ただの引きこもりであろうが!」

生活保護「よって、これより体力作りのため、ジョギングに出かけるッ!」

男「ハァ!?」

生活保護「ゆくぞぉぉぉぉぉ!」


23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:08:29.76 ID:MvB4YFGA0

― 外 ―

生活保護「えっほ、えっほ」タッタッタ…

男「ひぃ、ひぃ、ひぃ」タッタッタ…

生活保護「えっほ、えっほ」タッタッタ…

男「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ」ヨタヨタヨタ…

生活保護「えっほ、えっほ」タッタッタ…

男「も、もう無理……」ヨロ…ヨロ…



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:11:41.48 ID:MvB4YFGA0

男「ゼェ、ゼェ、ゼェ……腹いてえ……」

生活保護「だらしない奴よ、まだ1kmも走っていないというのに」

男(うう……たしかにここまで体力が落ちてるとは思わなかった)

男(中学までは運動少年だったけど、高校でゲームにハマってから運動しなくなったからなぁ……)

生活保護「最低でも10kmは走れるようになるまで、ジョギングは続けるからな」

男(10kmって、ウソでしょ……!?)


29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:14:40.99 ID:MvB4YFGA0

夜――

― アパート ―

男「メシにするか……カップメン、カップメン、と……」ガサゴソ…

生活保護「貴様、毎日そんなものばかり食べてるのか」

男「悪いかよ」

生活保護「それでは栄養が偏る。ワシがやり方を教えるから、今日からは自炊せい」

男「自炊ィ!? めんどくせえ! メシまで指図されたかねえよ!」

生活保護「滅するぞ?」

男「ぜひ、ご教示下さいませ」


30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:18:42.41 ID:MvB4YFGA0

男「こ、こう?」トントン

生活保護「なんたる稚拙な手つき! 野菜を切る前に、自分の指を切るつもりか!」



男「フライパンが温まるまで、テレビでも見るか」

生活保護「バカモノ! 火元から離れるやつがあるか! 火事になったらどうする!」



男「おわぁぁぁ!? 火が、火がぁぁぁ!」ボワァァァ

生活保護「油の使いすぎだ! 世話を焼かせおって! ――滅ッ!」ボウッ


32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:21:30.51 ID:MvB4YFGA0

男「……やっとのことで野菜炒めができた! じゃあさっそく――」

生活保護「たわけ! ちゃんと“いただきます”をしろッ!」

男「体でかいくせに、ホント細かいのな」ボソッ

生活保護「滅されたいか?」

男「いただきます」

男(家庭科の授業なんかを除けば、はじめて自分で作った手料理……)モグモグ

生活保護「――どうだ」

男「うん、悪くはない……かな」モグモグ
http://u111u.info/jT66

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:26:35.55 ID:MvB4YFGA0

男「ふぅ、やっと休める……眠れる……」ゴロン…

生活保護「メシを食ったら勉強だ」

男「えええええ!? まだあるの!?」

男「いっとくけど、俺大卒よ? 今さら勉強することなんかねえって!」

生活保護「じゃあ貴様、今の首相が掲げている政策を、ちゃんと答えられるか」

男「え……」

男(ずっとアニメとゲーム漬けの毎日だったから、全然分からん……)モジモジ

生活保護「やはりな」

生活保護「貴様という非常識者に、みっちり社会常識を叩き込んでくれる!」

生活保護「覚悟せいッ!!!」

男「お手柔らかにぃっ!」


34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:29:04.01 ID:MvB4YFGA0

男「今度こそ……長い長い一日が終わった……」ドサッ

生活保護「ふん、今日は序の口。明日からはさらに厳しくいくぞ!」

男「ふぇぇ、そんなぁ……」





こうして、男と生活保護の日々が始まった。


36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:33:31.08 ID:MvB4YFGA0



生活保護「腕立て伏せ、残り10回!」

男「ふ、んっ……!」ググッ

生活保護「腕立て伏せ、残り20回!」

男(増えた!)



男「ああ、アニメが見たい……」

生活保護「駄目ッ! ただしプリキュアは許す!」

男「許すのかよ!」



男(こいつが寝てるスキに、実家に逃げてやる!)コソコソ…

生活保護「知らなかったのか? 生活保護からは逃げられぬわッ!」ガシッ メキメキ…

男「ぐぎゃぁぁぁぁぁっ! 折れる、折れるぅぅぅぅぅ!」



37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:35:32.93 ID:BujTBNw2K

本当にこうなら良いのに


39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:37:20.48 ID:MvB4YFGA0

やがて――

― アパート ―

生活保護「ふん、少しは見られるツラになってきたな」

男「ど、どうも……」

生活保護「だが、真の生活保護はここから始まる」

生活保護「なにしろこのままでは貴様は一文無しだ。収入を得なければならぬ」

男「ってことはやっとナマポもらえるの!? 憧れのナマポ生活を堪能できるの!?」

生活保護「そのとおり! 就職して、自分の手でナマポを稼ぐのだ!」

男「やっぱり……そうなるよね」


40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:40:14.91 ID:p0VdX6S70

がんばれ!男!


41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:40:25.74 ID:MvB4YFGA0

男「……ここまできて、今さら働きたくないですとはいわないよ」

男「だけど、俺みたいなバイトすらしたことないベテランニートを雇ってくれる会社なんてあるのかなぁ?」

生活保護「たしかに厳しい道のりだが、やってやれぬことはない!」

生活保護「ワシも協力は惜しまぬ! 己の道は己で切り開くのだ!」

男「分かったよ……アンタにいわれたら、やるしかないよな!」
http://u111u.info/jT66

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:45:08.81 ID:MvB4YFGA0



男「あーあ、給料高くて、休日多くて、気楽で、採用数多くて、面白い仕事ってないかなぁ」

生活保護「そんなものがあったらワシはいらぬわ」

男「ですよねー」



生活保護「面接の修行をするぞ。手始めに志望動機を述べてみるがよい」

男「志望動機は……生活保護に脅されてるからですッ!」

生活保護「やる気があるのか、貴様ッ!?」



生活保護「面接に喪服を着ていくバカがどこにいるッ!」

男「いや、俺これしかスーツとネクタイ持ってないし……」



43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:48:30.84 ID:MvB4YFGA0

男「また落ちた……」ハァ…

男「自業自得とはいえ、やっぱり俺って社会から必要とされてないんだ……」

生活保護「そんなことはないッ!」

生活保護「この世に必要のない人間などおらんのだ! シャキッとせいッ!」

男「そんなありふれた励ましも、アンタにいわれるとなんだか違った風に感じるよ」

男「ありがとう、俺、もうちょっと頑張ってみるよ!」





生活保護に支えられながら、男は就職活動を続け、ついに――


45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:51:21.75 ID:MvB4YFGA0

― アパート ―

男「やったぁ! やっと内定出たぞ、生活保護! 小さな会社だけど……」

生活保護「おお、よかったな!」

男「ああ、苦労したかいがあった!」

生活保護「しかし、安心するのはまだ早いッ!」

生活保護「仕事が続かねば、また元の生活に戻ってしまうのだからな」

男「これだけ苦労したんだ。そう簡単にやめてたまるかってんだ!」


46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:55:39.04 ID:MvB4YFGA0

いよいよ始まった社会人生活――

― 会社 ―

先輩「おいおい、こんな書類の書き方あるかよ! なにこれ、新手のギャグ?」

男「す、すみません」ペコペコ

先輩「ったくよー、元ニートは使えねーな、ホント」

先輩「中途採用だから即戦力期待してたのに、これじゃ新卒のが全然マシじゃねーか」チッ

先輩「なんつーかさ、生きてて恥ずかしくないの? 恥がありゃニートなんかしてねーか、ハハハ」

男「…………」グッ…

男(これでいい、俺にはこれぐらいの方がいいんだ!)



それは決して並大抵のものではなかった。


49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 22:58:20.75 ID:MvB4YFGA0

男「先輩、タバコ買ってきました! 火もどうぞ!」シュボッ

先輩「おう、ご苦労。たまには役に立つな、オメーも」スパー…

先輩「てか、かなり走ったはずなのに全然息切れしてねーのな」

男「普段20kmぐらい走ってたもので、これぐらいなら……」

先輩「20km!?」



……

……


50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:01:19.07 ID:MvB4YFGA0

一ヶ月後――

― アパート ―

男「生活保護、やっと初任給出たぞ!」

生活保護「うむ、よくやった」

男「手取りは知れてるし、ペラッペラの明細だけど、なんかこうズシッとくるよな……」

生活保護「そうだ」

生活保護「金というのは汗水たらして稼いでこそ、意味があるものなのだ」

男「ところで――」


51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:04:29.46 ID:MvB4YFGA0

男「ほら、『NAMAPO』ってプリントされたTシャツ。町で見かけて面白かったから買ってきちゃった」サッ

生活保護「!?」

男「初任給で買ったんだ。よかったら着てくれよ」

生活保護「おいおい、初任給でワシにプレゼントしてどうする」

生活保護「普通、こういうことは親にするものだぞ」

男「なにしろ、ずっとニートしてたからそういう常識がないんだ」

生活保護「やれやれ、貴様というやつはなかなか成長せんな」

生活保護「だが――ありがとう」
http://u111u.info/jT66

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:07:39.76 ID:MvB4YFGA0

男「ついでにいうと、愚痴りたいこともいっぱいあるんだ。聞いてくれるか?」

生活保護「おう、愚痴れ愚痴れ」

男「課長がさぁ〜、ことあるごとに俺をゆとりだのニートだのってさぁ……」

男「先輩も毎日俺をこき使って……落とした書類ぐらい自分で拾えっての……」

生活保護「おう、飲め飲め」グビグビ

男「よぉ〜し、今日は飲むぞぉ!」ガブガブ


56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:11:12.27 ID:MvB4YFGA0

それからしばらくして――

― アパート ―

生活保護「…………」

男「ただいまー!」

男「ん、どうしたんだよ? 神妙な顔して」

男「今からメシ作るから、ちょっと待ってて――」

生活保護「貴様もようやくいっぱしの社会人のツラになってきたな」

男「ハァ? なにおだててんだよ。いきなりどうしたんだ」

生活保護「よもや貴様に生活保護は不要――ワシはここから立ち去る時が来たのだ」

男「な……!」


58 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:15:47.15 ID:MvB4YFGA0

男「ちょ、ちょっと待ってくれよ!」

男「いくらなんでもいきなりすぎるだろ! なんの予告もなかったじゃないか!」

生活保護「別れとは、生活保護とは、そういうものなのだ。許せ」

生活保護「そうだ、かつて滅したピコピコや人形などは今返却しておこう」ドザザザザザッ

男「どっから出したんだよ! ってか、今さらこんなものいらねえよ!」

男「俺は生活保護にいて欲しいんだよ!」

生活保護「…………」

男「そうだ! 俺が会社辞めたら、お前もここに残らざるをえない――」

生活保護「バカモノォッ!!!」

男「!」ビクッ

生活保護「どうしても辛かったり、他にやりたい事があるから辞めるならまだしも」

生活保護「生活保護を受けたいから辞めるなど絶対許さんぞ!」


59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:18:36.07 ID:MvB4YFGA0

男「生活保護……」

生活保護「短い期間ではあったが、本当に楽しかった」

生活保護「貴様はワシにとって出来は悪いが、良き生徒であり、良き相棒であり、良き息子であった」

生活保護「今後、貴様がワシを必要とすることはなかろう。目を見れば分かる」

生活保護「これからは……社会人として、貴様が弱い者たちを保護する番だ」



生活保護「さらばだ……」スゥゥ…



男「生活保護ッ……!」





男「生活保護ォォォォォッ!!!」


60 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:20:01.81 ID:p0VdX6S70

(´;ω;`)生活保護ぉ…


61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:22:43.62 ID:MvB4YFGA0

……

…………

………………



男「――――!」ハッ

妻「あなた……どうしたの?」

男「ん……こうして公園のベンチに座ってたら、ウトウトして昔の夢を見てたみたいだ」

妻「大丈夫? なんだか寂しそうな顔してるけど」

男「ハハ、そんなことはないさ。なんたって俺には君と娘がいるからね」



娘「ねー、パパー、ママー! みてみてー!」



男(生活保護を受けてた俺も、今や一児の保護者、か……)


65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:25:19.34 ID:MvB4YFGA0

娘「あたし、こんなに早く走れるようになったのー!」タッタッタ



男「……あっ!」

男「コ、コラッ! 急に道路に飛び出しちゃダメだ!」

妻「いやぁっ、自動車がっ!」



娘「あっ!」



ブロロロロ……キキキィーッ!
http://u111u.info/jT66

69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:29:22.71 ID:MvB4YFGA0

バババッ!



????「ふぅ、間一髪であったな」

娘「こ、怖かった……」

????「お嬢ちゃん、急に道路に飛び出しちゃいかんぞ」

娘「ありがとう……おじちゃん」

????「なに……礼には及ばん。保護するのがワシの仕事だからな」

????「ほら、ご両親が心配している。行ってやりなさい」

娘「うん!」

????「……立派な父親を持ったな、お嬢ちゃん」

娘「うんっ! あたし、パパ大好き!」


72 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:33:58.13 ID:MvB4YFGA0

男「大丈夫か!?」タッタッタ

娘「うん、平気! 大きなおじちゃんに助けてもらったから!」

男「大きなおじちゃん?」

娘「『NAMAPO』って書かれたTシャツを着てたよ! すごく強そうだった!」

娘「あと、パパのことを立派なパパだねっていってた!」

男「…………!」



男(生活保護……ありがとう)

男(きっとアンタは今もあちこち駆け回って、誰かの生活を保護してるんだろうな……)







〜 おわり 〜


73 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:36:03.12 ID:T6EKWaOV0


いい話だった


74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:37:02.61 ID:p0VdX6S70

(´;ω;`*)乙!良かったよぉー!乙だよぉー!


75 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/27(水) 23:37:51.69 ID:F7VtKqNpr

生活保護さんの優しい笑顔が目に浮かぶ


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1461760033/