:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 05:14:08.17 ID:IynGta3o0

猿山「お前はもっと女の子を知らなきゃダメなんだよ!」

リト「いやいやいいってホント!!///」

猿山「遠慮すんなよホラ!ちゃんと読んで感想教えろよ!そんじゃな!」ピューッ

リト「あっおい!・・・ったく、猿山のやつ・・・」

リト「うぅ・・・どうすんだよこの本・・・///」

リト「ひっ・・・『貧乳天国』・・・なんだよこのタイトル///」

リト「はぁ〜・・・とにかく一旦持って帰るしかないか」


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 05:32:23.81 ID:IynGta3o0

〜夜〜

美柑「あ、ナナさーん。ご飯出来たからリト呼んでできてー」

ナナ「おー」

〜リトの部屋〜

ナナ「リトー美柑がご飯出来たってー」コンコン

リトの部屋「・・・」シーン

ナナ「? おいリトー」ガチャッ

リト「スー・・・スー・・・ムニャ」

ナナ「なんだ寝てんのか・・・ったく」

リト「んん〜・・・マシュマロ・・・」ニヤニヤ

ナナ「あーあーなっさけない寝顔しやがって・・・モモはかわいいって言ってたけど、このアホ面のどこがいいのかな〜」

リト「グーグー」

ナナ「リトのことだから授業中もこんな感じで、ノートもミミズがのたくったみたいになってるんだろうな」

ナナ「あそうだ!こいつのノート美柑に見せてからかってやろ!」

ナナ「どれどれ・・・」ゴソゴソ

ナナ「お、なんだよリトのやつ・・・学校に漫画なんか持ってってんのか?」

ナナ「なになに?・・・ひんにゅーてんごく・・・・・・」

ナナ「!!? ひ、ひひひひひ貧乳天国!!??///なんだよこれっ!!!!///」


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 05:38:31.10 ID:IynGta3o0

ナナ「な、なんだよこの本・・・こ、こいつこんなの読んでたのか・・・?///」

\貧乳天国!/

ナナ「・・・ゴクッ」

ナナ「ソ〜ッ」ピラッ


\まさに天国!!/

ナナ「〜〜〜ッッ!!??///」バッ

リト「ムニャ・・・んんっ?・・・ナナ〜?」ゴシゴシ

ナナ「!!!!」ビクーッッ


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 05:46:50.97 ID:IynGta3o0

リト「ファーア・・・なんで俺の部屋にいるんだ?」

ナナ「え、あの、あっ・・・美柑!がっ・・・って、あ、そう夕飯!美柑が夕飯できたから呼んで来いってッ!!///」

リト「おーサンキュ。今いくよ」

ナナ「ははははは早くしろよなっ!みんなお腹減ってるんだからな!!///」

リト「ははは、わかったよ・・・あれ、ナナなんか顔赤くないか?」

ナナ「えッ!?///」ドキッ

リト「どれどれ・・・(ピトッ)・・・ん〜熱はなさそうだけど」

ナナ「!!? よ、寄るなケダモノぉ!!!!///」ドッコォォォォ

リト「うぐっ!?」

ナナ「あっごめっ・・・と、とととにかく飯だから!!///早く降りてこいよなッ!!///」ダダッ ガチャ バタンッ トントントン


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 05:57:45.13 ID:IynGta3o0

〜食卓〜

美柑「それでサチとマミがまた家に来たいってしつこくてさ〜」

ララ「あーこないだ来てた美柑のお友達だよね」

美柑「うん・・・マミなんて『リトのことかっこいい!』とか言っちゃってるし・・・」

モモ「あらぁ〜嫉妬ですか〜美柑さん♪」

美柑「な、ななな何を言ってるなのよ!?///」

モモ「ウフフ♪」

ナナ「・・・モグモグ」ドキドキドキ

リト「ははは・・・また来てもらえばいいじゃないか。二人ともいい子だったし」

美柑「・・・リトが2人に手出すのが心配だから躊躇してるんだけど・・・」

リト「ええ!? い、いくらなんでも小学生にそんなことしないって!!」

ナナ「・・・どーだか」ボソッ

ララ「え?」

ナナ「! あ、い、いやっ・・・・・・あはは///」


10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:10:31.30 ID:IynGta3o0

〜食後〜

「「「「「ごちそうさまでしたー」」」」」

美柑「あ、リトー今日体育だったでしょ?先お風呂入って〜」

リト「サンキュー。でも体育あったってよくわかったな。汗臭い?」クンクン

モモ「クンクン・・・ん〜そんなに臭いませんけど」スーハークンカクンカ

ララ「私もわかんないな〜」スーハークンカクンカ

モモ「んんっ・・・いやでもよく嗅いでみたら・・・・・・ん〜?」クンカクンカクンカクンカ

ララ「あ〜ん〜・・・なるほど・・・あ〜よく嗅いでみたらだね〜」クンカクンカクンカクンカ

リト「そ、そんなに嗅ぐなよっ///」

モモ「こんな微妙な体臭の変化の嗅ぎ分けられるなんて・・・流石、何年もリトさんの匂いを嗅ぎ続けてきただけありますね♪」

美柑「へ、へんな言い方しないでよねっ!/// ・・・ってモモさんっ!いつまで嗅いでるの!!」

モモ「スーハースーハークンカクンカクンカペロペロ」


11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:14:37.80 ID:IynGta3o0

リト「じゃ、じゃあ俺風呂入ってくるから///」

美柑「あ、うん」

ララ「私マジカルキョーコの録画みよーっと」

モモ「じゃあ私はリトさんのお背中を流しに・・・」

美柑「モ モ さ ん は食器洗うの手伝って」

モモ「・・・はぁーい」チッ

ララ「あれ?そういえばナナは〜?」

美柑「さっき慌てて部屋戻っていったよ?」

モモ「はぁ〜・・・」ジャーカチャカチャ


13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:23:27.71 ID:IynGta3o0

〜ナナの部屋〜

ナナ「ど、どうしよ・・・」

ナナ「さ、さっきの本・・・勢いで持ってきちまった///」

ナナ「か、返さないと・・・無くなってるのリトが気付いたらやばいよな・・・」チラッ


\貧乳天国!!/


ナナ「〜〜〜///」

ナナ「こ、この本・・・小さいおっぱいの女の子の裸ばっかりだ・・・///」

ナナ「あ、あのケダモノめっ!///」

ナナ「・・・」

ナナ「・・・」ペラッ

\貧乳まつり!/

ナナ「・・・っ///」

ナナ「・・・あ、アイツ・・・こういう娘が、す、好きなのかな///」

ナナ「おっぱいが小さい・・・わ、わたし・・・みたいな・・・///」
http://u111u.info/jT66

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:30:14.98 ID:IynGta3o0

ナナ「!?」

ナナ「あっじゃ、じゃあアイツ・・・ずっといやらしい目でアタシのこと見てたってことか!?」

ナナ「ず、ずっとそんな目で私のこと・・・っ」

ナナ「・・・」

ナナ「・・・ケダモノ///」


〜お風呂〜

競犬「まう〜♪」キャッキャッ

リト「こ、こら!セリーヌ浴槽で暴れるなって!!」

競犬「まぁう♪」バシャバシャ

リト「わぷっ・・・ったく」


17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:41:08.07 ID:IynGta3o0

〜リトの部屋〜

ナナ「リ、リト〜?」コンコン

ナナ「・・・ゴクッ」

ナナ「(ソ〜ッ)・・・リト〜?」ガチャッ

ナナ「・・・よし、リトはいないな」コソコソ

ナナ「バレないように・・・元通りカバンに入れとけば・・・っ」

ナナ「全部なかったことにできリト「はぁ〜気持ちよかった」ガチャッ

ナナ「へっ!?」

リト「わっ、えっ、ナナ!?」

ナナ「うわっリト!! い、いやあの、これはちがくてっ・・・あのそのっ・・・わわっ」ガタッ

リト「うわぁ!?」


\ガラガラドシーン/←いつもの


18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:44:26.30 ID:IynGta3o0

これがきっかけで二人は結婚し幸せな家庭を築いた
ナナは子供を5人産んだ

〜HAPPY END〜



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/04/30(土) 06:52:24.41 ID:Qt5yjF0BK

未完かわいい


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1461960848/