:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 20:53:51.83 ID:ZDWbMvx/0

ガチャ

男「あの……何っすか?」

NHKの集金♀「やっと出てきた。まったく、見なさいっ! 指が赤くなっちゃったじゃない。何回インターホン押させる気よ」

NHKの集金♀「私がインターホンを押したら、即座に出ること! 3秒以内よ! 3秒以内! わかった?」

男「はぁ、すいません……あの、それで……何の用ですか?」

NHKの集金♀「はぁ? 見て分からないの? どこからどう見ても、NHKの集金じゃない」

男「え、NHK? でも――」

NHKの集金♀「アンタ、最近ここへ引っ越してきたのよね?」

男「は、はい。だけど――」

NHKの集金♀「引っ越しするなら、きちんと事前にNHKに連絡しなさいよ! まったく……ほらっ」

男「……?」

NHKの集金♀「『?』じゃないわよ! どんくさいわね……カード出せって言ってるの! キャッシュカード! あるでしょ?」

男「いや、でも……」

NHKの集金♀「なによ。さっきから『だけど〜』だの『でも〜』だの。男ならハッキリしなさいよね!」

男「うち、テレビ無いんスけど……」

NHKの集金♀「……え」

男「なんで、お引き取りを……」

NHKの集金♀「ははーん。そんなこと言って、騙されないんだから」

男「は?」

NHKの集金♀「私が下請けのバイトだからってなめてるのね? おあいにくさま! そんな嘘八百で騙される私じゃないわよ」


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 20:57:28.74 ID:oaRKQd5Ud

なるほど集金係を美少女にするってのはアリかもしれん


:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:01:09.23 ID:ZDWbMvx/0

男「いや、俺は別に嘘なんて……」

NHKの集金♀「黙りなさい! 『テレビが無い』ですって? フン、考えたわね。大胆な発想だわ」

NHKの集金♀「たしかに、NHKを受信できない環境ならば、受信料を払う必要は無い……当然よ」

男「はい。だからもう――」

NHKの集金♀「それが本当だったとしたら、ね」ニヤリ

男「えっ」

NHKの集金♀「嘘をつくならもっとマシな嘘をつきなさい! 『テレビが無いです』って? そんなの大嘘に決まってるんだから!」

男「いや、嘘とかじゃなくて……」

NHKの集金♀「テレビが無い部屋で、暇なときどうやって過ごすって言うの? そんなの、退屈で死んじゃうに決まってる!」

NHKの集金♀「ドラマもバラエティも観れないじゃない! アンタ、テレビを一切見ないで平気だって言うの?」

男「はぁ、まあ……」

NHKの集金♀「嘘! 絶対無理よ! DVDも観れないし! それに、そう! ゲームもできないじゃない! 耐えられるわけないでしょ!」

男「いや、でも本当に無いんですよ」

NHKの集金♀「ふぅーん……強情ね。いいわ、そこまで言うなら私が直々に確認してやるんだから」

男「えっ? か、確認って――」

NHKの集金♀「ほら、邪魔よ。そこ退いて。おじゃましまーす」

男「あ、ちょ、ちょっと!」


18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:08:47.35 ID:ZDWbMvx/0

NHKの集金♀「……」

男「ほら、無いでしょ。テレビ」

NHKの集金♀「た、たしかにそう……だけど……! おかしいわ、そんなはずは……きっとどこかに……」

男「これで分かりましたよね。ほら、もう帰って――」

NHKの集金♀「待って! あなた一人じゃ信用ならないわ。他の家族の人にも聞いてみる」

男「他の……? いや、あの、ひとり暮らしですよ」

NHKの集金♀「えっ! ひ、ひとり暮らし……!?」

男「はい……」

NHKの集金♀「ちょ、ちょっと! そ、そういうことはもっと早く言いなさいよ!」

男「はぁ……そもそもこのアパートはひとり暮らししか受け入れてませんし……」

NHKの集金♀「こ、この変態!!!」

男「……え?」

NHKの集金♀「いたいけな少女を部屋に連れ込んで……ど、どういうつもりよ! ふたりきりで、な、何するつもり!?」

男「……いや、何もしませんよ……そもそも、勝手にあがりこんできたのはそっちで……」

NHKの集金♀「〜〜〜〜っ!/// う、うるさいうるさい!」

NHKの集金♀(や、やだ……私ったら、なんでドキドキしてるの……!?)

NHKの集金♀(こんな無害そうな男と密室でふたりきりになったぐらいで……そう、どうってことないじゃない!)

NHKの集金♀「いい!? 私に変なことしたら大声出すから! アンタなんかすぐ警察に捕まって、即刻死刑なんだからね!」

男「わかりましたから……もう帰ってくださいよ。テレビ、無いでしょ?」


22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:15:16.48 ID:ZDWbMvx/0

NHKの集金♀「無いけど……でもひとり暮らしなんでしょ? だったら、余計におかしいわ!」

NHKの集金♀「アンタ、ひとりきりでテレビも無くて、何が楽しくて生きてるって言うのよ!」

男「テレビが無くても趣味とか楽しめますし……いや、そんなの君に関係ないでしょ?」

NHKの集金♀「趣味? ははーん、どうせエッチなことね。私を密室に連れ込むくらいだもの……おみとおしなんだから」

男「い、いや、別に……」

NHKの集金♀「そうよ! ひとりでエッチなことをするにもテレビは必要でしょ! ほら、あの……ぶぃ……とか……」

男「は?」

NHKの集金♀「だ、だからぁ……ぇー……ぶぃ、とか……観るんでしょ」

男「え?」

NHKの集金♀「〜〜〜っ! もう! AVよ! AV! どうせAVとか観るんでしょって聞いてんの! なんてこと言わせるのよ! このド変態!」

男「み、見ませんよ。あんなのじゃ満足できませんし……」

NHKの集金♀「ほんとに? 信じられないわね。どうせ、どっかに隠してるんじゃないの? テレビと一緒に!」

男「か、隠してませんよ。何も……」

NHKの集金♀「今、動揺したでしょ」

男「えっ? べ、別に」

NHKの集金♀「うそっ! 絶対に動揺した! 隠してるのね!? やっぱり! 私の思った通り!」

男「あ、いや、何も隠してなんか」


25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:22:16.77 ID:ZDWbMvx/0

NHKの集金♀「どこに隠してるのか、白状しなさい! 正直に言わないと、『ド変態男が集金人を襲った』ってニュース番組で報道してやるんだから!」

男「か、隠してませんって!」

NHKの集金♀「粘るわね……その根性は褒めてあげるわ。でも……」チラッ

NHKの集金♀「どうせその押入れの中に隠してあるんでしょ?」

男「えっ!」ビクッ

NHKの集金♀「ビンゴ! ひっかかったわね! 言ったでしょ! 下請けバイトだからってなめるなって!」

男「あ! おい!!!」

NHKの集金♀「テレビみーつけた!!!」

ガラッ


死体「」


NHKの集金♀「えっ」

男「……」

NHKの集金♀「……え、……ちょ、ちょっと……これって…………な、何……何なの、これ……?」

男「……はぁ」

NHKの集金♀「こ、答えなさいよっ! こ、これは――」

男「人間だよ。見りゃわかるでしょ」

NHKの集金♀「っ!」

男「……だから言ったのに、テレビなんて無いって…………余計な物見つけちゃったね」

NHKの集金♀「じょ、冗談……そう、冗談よね? そうでしょ? ど、ドッキリなんでしょ? だって、こんなの……」

男「ドッキリだったら良かったのにね」


35 :屑野郎 :2016/08/28(日) 21:27:32.27 ID:fGsFJE3ad

今まで 男 に脳内ボイスなかったが
豹変したとこで石田彰 になったわw


36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:27:32.72 ID:ZDWbMvx/0

男「君、ひとりきりで何が楽しくて生きてるんだって、言ったよね。……楽しいよ。ひとりじゃないから」

NHKの集金♀「ちょ、ちょっと……」

男「しかしなぁ。見られちゃったか……しょうがないよな。こうなっちゃったら。君も仲間入りだな」

NHKの集金♀「な、なによそれ……! ほ、包丁なんて持ち出して……! やめさないよっ!」

NHKの集金♀「それは、や、野菜とか斬ったりするためのものでしょ!? ……な、なにをするつもりよ……!?」

男「……わかるだろ? 斬るためだよ。君みたいな若くて可愛い子……好みだからね」

NHKの集金♀「っ! ううぅ……ご……ごめ……ごめんなさい……っ! あの、だ、誰にも……い、言わない、から……」

NHKの集金♀「わ、忘れっ、忘れる! 忘れるから……! ここで見たことを忘れるって、や、約束するっ! だから……だからっ」

男「信じられるわけないだろ。君が『テレビなんて無い』という言葉を信じなかったように、俺も疑り深いんだ」

NHKの集金♀「ひっ……! お、お願い……」

NHKの集金♀(だ、誰か……誰か助けて……!!!)

NHKの集金♀「誰かぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」


NHKの集金♂(主人公)「チィーッス。NHKの集金でーす……っと。あれ? おっかしいな、ヒロインが先に来てるはずなんだけど……」


NHKの集金♀(ヒロイン)「!!! 主人公!」


男「……だ、誰だっ!?」


主人公「!? おいお前!!! ヒロインになにしてんだ!!!」

ヒロイン「しゅ、主人公……た、助けて……!」
http://u111u.info/jT66

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/28(日) 21:35:00.12 ID:ZDWbMvx/0

主人公「ヒロインから離れろ!」

バキッ

男「うぐっ」

主人公「よくもヒロインを泣かせてくれやがったな……! オイ、アンタ! よく聞け……俺にはなぁ、この世で許せないことがふたつある……」

主人公「ひとつは、NHKの受信料を払わないこと……そして、ふたつめは……!」

主人公「かよわい少女の瞳を、絶望の涙で曇らせることだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

バキィィィィ

男「ぐああああああっ」

ドサッ

主人公「だ、大丈夫か! ヒロイン! おい!」

ヒロイン「………………………ぃよ」

主人公「え? なんだ?」

ヒロイン「遅いって言ったのよ! この馬鹿!」

ドカッ

主人公「ぐあっ! な、なにすんだよ!?」

ヒロイン「アンタが来るのが遅いから、私が変態に襲われそうになったんじゃない! ほんと、どんくさいんだから!」

主人公「それが助けてもらった相手に言う台詞かっ。……たく、素直に『ありがとう』って言えよな。恐ろしさのあまり震えながら泣いてたくせに」

ヒロイン「な、泣いてなんかいないわよ! このバカ! アホ! 変態! バカバカッ!」

主人公「いててっ! わかった! わかったから蹴るなって!」

ヒロイン「もう……! ほら! とっとと警察を呼びなさい! 事情聴取が終わったら、また集金よ! 公共放送の運営を支えるのは私たちなんだからねっ! フン!」

主人公「やれやれ、ほんとに素直じゃないやつだ……」

『オレとツンデレ集金人の仕事ぶりは公共の電波に乗せられない!?』

〜完〜


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1472385231/