2017/03/02(木) 22:39:45.61

ヴィーネ「うぅ… 一生懸命考えて、悪いことしたのにあれじゃ足りなかったって言うのかしら… 一体これ以上悪魔的な行動ってどうすればいいのよ…」ハァ-

ガヴリール「サターニャに聞いて見たらどうだ?一応あいつも悪魔なんだし」

ヴィーネ「うーん、サターニャかぁー。そうね… 学校が終わったらサターニャの家に聞きにいってみるわ」(あんまり参考にならなそうだけど…)

ガヴリール「おう、がんばれよ」(よしよし、今日はだらけても注意しに来られずに済みそうだな)


  2017/03/02(木) 22:40:32.66

ーサターニャの家ー

サターニャ「で?私に悪魔的行為(デビルズアクション)のコツを伺いに来たってわけ?」フフフ

ヴィーネ「う、うん… サターニャは仕送りの金額どうなってるのかとか聞きたくて」

サターニャ「………」ガサゴソ

ヴィーネ「? なんで黙るのよ…?」

サターニャ「私の通帳よ」スッ

ヴィーネ「ウソ… 私の3倍以上振り込まれてるじゃない?!」

サターニャ「フフーン」ドヤァ


  2017/03/02(木) 22:41:39.77

ヴィーネ「普通の悪事じゃこんな金額までいかないわ!サターニャなにやったの?!!」

サターニャ「なにやったのって… そりゃ、もちろん人を殺したのよ」

ヴィーネ「……えっ、人を…?」

サターニャ「そうよ。えっ、もしかしてヴィネット人を殺したことないの?!」

ヴィーネ「?! な、なにを…言ってるのサターニャ!!!あなたなんてこと…?!」

サターニャ「あんたこそ何寝ぼけたこと言ってるのよ。あたしたち悪魔よ?人を殺してなんぼの存在じゃない!」

ヴィーネ「〜っ!そ、そうだけど…!」

サターニャ「はぁ〜 仕方ないわね!この大悪魔サタニキア=マクドウェル様が直々に悪魔的行為をレクチャーしてあげるわ!!」

ヴィーネ「うぅ……うん、わかったわ… そうね。いつかは悪魔として人を殺さないといけないわけだしね… 私頑張る!!」

サターニャ「その意気よ!さっそくヴィーネ用に私の奴隷人間を用意してあげるわ!!俺!来なさい!!」パンパン

俺「……わん!」ビクビク

ヴィーネ「?!」


  2017/03/02(木) 22:43:00.03

サターニャ「うふふ、さあヴィーネ!こいつを思う存分いたぶってやりなさい!!」

俺「うぅ…」ブルブル

ヴィーネ「う、うん。でもちょっと可哀想かも…」

サターニャ「そんなこと言ってると立派な悪魔になれないわよ!!仕方ないわね〜!まずは私がお手本を見せてあげるわ!!」

俺「や、やめて…?!やめてください!!」ガクガク...

サターニャ「奴隷のくせに逆らうんじゃないわよ!!」バシィン

俺「あ゛り゛ゅっ///★?!」

サターニャ「ほら、ヴィネット。あんたもそこのムチとってそいつを痛めつけるのよ!!」パシンッ

俺「あひゅっ?! がっ… 痛ぃっ…」ブルブル

ヴィーネ「あ… で、でも…」

サターニャ「立派な悪魔になりたくないの?!!」

ヴィーネ「……ごめんなさいっ!!!」バシンッ

俺「ん゛お゛っ///♥?!」ビクゥンッ


  2017/03/02(木) 22:43:54.53

サターニャ「そんなんじゃ生温いわよ!もっと罵りながら打ってみなさい!!」

ヴィーネ「〜っこの低俗野蛮な劣等種が!!!せめて私のために死んだちょうだい!!」ガンッ

俺「ぐっ…?! くっ… あぎっ///」

サターニャ「いいわ!雰囲気出てるじゃない!!このままこのナイフで俺を滅多刺しにしてやりなさい!!」

ヴィーネ「この!えいっ! ………え?」


  2017/03/02(木) 22:44:54.27

サターニャ「何驚いてんのよ!人を殺すんだからそれくらい当たり前でしょ!!さあ刺すのよ!」

ヴィーネ「うぅ… 私が… このナイフで、この人を…」

俺「ぎっ…ぐぅ〜っ/// 助けて…お願いします!まだ死にたくない!!」

ヴィーネ「どうしたら…」

サターニャ「仕送り減らされてもいいの?!!」

ヴィーネ「〜〜っ!!!」グサッ

俺「あ゛…ぎ、ん゛ぎぃいあ゛ああぉあ゛っ///★?!!!」ブシャァァア


  2017/03/02(木) 22:45:37.41

ヴィーネ「ごめんなさい!ごめんなさい!!」グサグサッ

俺「んごっ…♡ お゛ぉ゛♡?!死ぬぅぅっ///!!!」ジタバタ

サターニャ「いいわ…!そのまま容赦無く自分が悪魔的だと思うことをやってみなさい!!今ならわかるハズよ!」

ヴィーネ「う゛ぅぅっ/// 目玉抉らせてもらうわね…」

俺「ゔぁ? ぉぁぁ… 嫌゛… 助け」ブチッ

俺「あ゛あ゛あ゛あ゛んぎぃぃぃっ///★?!痛゛ぉががああああ?!!」グニュグチャ

ヴィーネ「えい!!!」ズシャッ

俺「んごぉっ///★?!!」ビクンッッ


11   2017/03/02(木) 22:47:31.64

俺「あ゛ぁ… 目がぁぁぁ!!!めがぁぁぁ!!!」

ヴィーネ「…………」パクッ

俺「な゛にも見えない!!!ああ返せ!!!目返せ返せ返せ返せあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!」

ヴィーネ「ちょっと黙ってて!!!」ゲシィッ

俺「に゛ゅっ?!!」

サターニャ「ああ…! いいわ…/// まさかヴィネットにこんなに悪魔的才能があるなんて…」

ヴィーネ「〜〜〜っあ゛あ゛!!もう嫌!うぅおあ!!!」ガシッ

俺「あ゛っ…♡ むぶっ…♡ っぃぃ…♡」

ヴィーネ「このまま首を締めて殺す…!」ギィィッ

サターニャ「ふふふ、トドメは大悪魔サタニキア=マクドウェル様が直々に手伝ってあげるわ…!」

俺「んがっ……♡ ぁつぎぃぃぃ…★///♡ 死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ?!!!ごめんなさいごめんなさい助けて助けぁっ……」

ヴィーネ「あぁ…あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」ギュゥウッ

俺「……………♡」ガクンッ
http://u111u.info/jT66

12   2017/03/02(木) 22:47:42.21

お前チノちゃんにも自分殺させてただろ


13   2017/03/02(木) 22:48:04.61

ーーー

ヴィーネ「あぁ… 人を、殺しちゃった…」

サターニャ「ふふ、でもこれで振込額増えるハズよ!それに人なんて低俗な生き物、慣れれば何の抵抗もなく殺せるようになるわよ」

ヴィーネ「ゔゔ〜っ…/// サターニャぁ!!!」

サターニャ「ちょっ/// いきなり抱きついてこな、い…で」

ヴィーネ「ゔぁぁああ…!!!」ポロポロ

サターニャ「………ふふ、大丈夫よ。私たちは悪魔なんだから…」

ヴィーネ「サターニャぁぁ♡♡♡」

サターニャ「ヴィネット♡♡♡」

このあとめちゃくちゃ悪魔的行為した

ー完ー


14   2017/03/02(木) 22:59:52.98

まともな神経してたらこんなSS書けない



15   2017/03/02(木) 23:37:43.28



16   2017/03/03(金) 00:17:24.34


感動した


17   2017/03/03(金) 02:11:14.79

素晴らしい……


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1488461985/